メール配信サービスの費用

登録アドレスの数によって月額料金が決まる企業が多い

メール配信の作業をITサービスに特化した企業に委託して行う場合には、メールの不着などのリスクを回避できるだけでなく、一人ひとりの顧客に必要な情報を伝えやすいといった利点があります。こうしたサービスを利用する際に必要な月額料金は、企業の方針やプランによって異なりますが、登録アドレスの数によって決まる企業が多くあり、最安で月額二千円程度で依頼できるケースもあります。そこで、メール配信の外注をしたことが無ければ、気になる企業の公式ホームページなどを参考にして、将来に掛かるコストの計算をしてみると良いでしょう。また、継続してメール配信の利用契約を更新することで、徐々に月額料金が安くなっていく企業も増えており、できる限りコストの節約につながるところを選ぶことがおすすめです。

初回限定の無料のお試し期間を設けている企業もある

メール配信サービスの仕組みや料金体系について詳しく理解したい時には、初回限定の無料のお試し期間を設けている企業に問い合わせをすることがおすすめです。メール配信の長年の実績がある大手の企業では、お試し期間中にわたり、便利な機能を使えるようにしているところも少なくあり、費用の心配をせずにサービスの魅力を知ることができます。また、お試し期間が終了した後も続けて月々数千円から一万円程度のリーズナブルなプランを申し込める企業もたくさんあります。そのため、メールマーケティングの無駄な出費を抑えるために、コストパフォーマンスに着目をしてメール配信サービスを扱っている企業の取り組みについて早い時期から確認してみましょう。

メール配信APIとは、毎時300万通にも及ぶ大量高速メールを配信可能なメール配信システムです。APIはアプリケーションインターフェースを指します。